2月のレコメンド – C.U.E. “Lovers”

cue-works関連でリリースした楽曲を月替りで紹介する今月のレコメンド、今月は2009年に発表したC.U.E.の1stミニアルバム「night and day」より”Lovers”です。

そもそもC.U.E.とは?という方がほとんどかと思いますので少し紹介を。

ドラマー・コンポーザーとしても活動している 多田タカヒロ (Prog, Key, Drums) と、CM等のレコーディングやヴォイストレーナーとしても活動する yoshiko (Vo) の2人が、新たな音の世界を表現すべく動きだしたユニット、C.U.E.(キュー)。

“心地よいサウンド・ワクワクするビート、聴き手を優しく包み込む” をキーワードに新しく、けれどもどこか懐かしさを呼び起こすような音楽を作り出す…
C.U.E. はそのようなヴィジョンを求め描いている。

C.U.E.の作品の中でも、おそらく最もRnB寄りなアレンジの楽曲がこの ”Lovers” でしょう。
デモ段階ではもっとゆるい感じのmellowなアレンジの曲で、完成形のようにここまでリズムが立っていなかったと記憶しています。

印象的だったのはギター江部和幸、ピアノ田中さとこ両氏を迎えてのレコーディング。両氏のセンスとアイディアで曲が一気に華やかになって、大変感激したのを覚えています。

「night and day」制作当時はvocalのyoshikoと隔週ペースでミーティングを繰り返し、デモ試聴会と歌詞の検討を行っていました。
お世辞にも効率的とはいえない制作方法でしたが自分たちのペースにはとても合っていたようで、ミーティングによって新たなイメージが膨らんだ結果”Lovers”のようにデモと大きく変わっていった…という楽曲が結構ありました。

思い出してみると結構いろいろなエピソードがありますね(笑)
今後もこんな感じで続けていこうと思いますので、どうぞお楽しみに!

“Lovers”は出がけやドライブ中などに聴くと楽しくなる、個人的にも気に入っている1曲です。
AppleMusicSpotifyなどの配信サービスでもお楽しみいただけますので、ぜひご自身のライブラリに加えてみてください!

CDアルバムはBoothにて購入可能です。気に入りましたらぜひお手元に!

投稿者:cue-works 投稿日時:
テキストのコピーはできません。