cue-works vault

cue-works名義で制作していくなかで、プロトタイプの楽曲や発表する機会がなかったものをアレンジしてまとめました。楽曲の制作時期はかなりバラバラですが、リリース時になるべく統一感が出せるよういろいろと手を加えました。それぞれの曲の個性を楽しんで頂ければと思っています。

PS4G (2019)
paradigm 4b (2016)

Bismuth

AmbientやChillout, Downtempoといった静謐系サウンドを標榜するユニット。メロディアスでありつつも時にドローン・テクスチャー的アプローチを見せるなど、そのサウンドの傾向は有機的ですらある。

magic hour (2019)
Just Be There ep (2017)
Crystal Grains (2016)

C.U.E.

Vocal: yoshikoとのユニット。共に作詞作曲を手がけ「イメージを刺激するサウンド」をテーマに制作された楽曲は、オーストラリアのレーベルが企画した “Japanese Sounds Compilation” アルバム1曲目に選ばれるなど、各方面からの高い評価を得ている。

ambivalence (2015)
world goes around (2012)
night and day (2009)
テキストのコピーはできません。